センター概要

HOMEセンター概要 › 指定管理者について

指定管理者について

潮芦屋交流センターは、NPO法人芦屋市国際交流協会が2011年4月から芦屋市より指定管理を受けて運営しています。NPO法人芦屋市国際交流協会は、1961年に発足した芦屋姉妹都市協会を前身とし、1993年に姉妹都市協会が発展解消し芦屋市国際交流協会となり、その後2008年にNPO法人格を取得し現在に至っています。 NPO法人芦屋市国際交流協会は、「芦屋市を中心とした兵庫県に住む外国人を支援し、日本人と世界各国の人たちとの交流を深めるために、語学教室、在住外国人の日常生活支援、国際親善交流事業開催、及び国際交流に関する調査研究・情報提供事業を行うとともに、国際交流関係団体の支援事業等を行い、地球上のすべての人たちが文化や価値観の違いを認めて尊重しあい、みんなが家族であるという意識を共有する社会を創造すること」を目的としています。 詳しくは、NPO法人芦屋市国際交流協会のホームページをご覧下さい。