教室・イベント

HOME教室・イベント › 活動レポート

作って食べました!中国編

2022年9月12日(月)、呉健偉氏を講師に「作って食べよう世界の料理 中国編」を開催しました。メニューは、トマトとたまごのスープ、八宝粥、冷菜のオードブル(木綿豆腐のごま油和え、ピリ辛きゅうりの蛇腹切り、じゃがいもとにんじんの中華風和え、お手軽バンバンジー)、皮から作る水餃子の8品。品数は多かったですが、講師の呉さんが要領よく教えて下さり、時間内に全てでき上りました。味も抜群。参加された方も満足のようでした。

 

潮芦屋コンサート ハワイアンの夕べ

2022年8月28日(日)、3年ぶりに「ハワイアンの夕べ」を開催し、110名の方の参加がありました。
出演は、演奏と歌がワイキキ72、フラダンスはカイオロヒアの皆さん。コロナ禍より前の約20余年、毎年出演いただいたヒロ・ハワイアンズ(レイ・オブ・スターズ)さんは、残念ながら引退され、今年は新たなグループの出場となりました。 ハワイの雰囲気にひたった2時間があっという間に流れました。来場された方に夏の終わりを楽しんでいただけたと思います。

日本語教室 夏の文化祭

2022年7月2日(土)、潮芦屋交流センターにて、日本語教室「夏の文化祭」を行いました。「文化祭」はコロナ禍で中止が続いていましたが、時間を午前中だけに短縮しての開催となりました。参加者は50名。日本語学習者によるスピーチを行い、太極拳が特技の学習者の指導で、みんなで太極拳をしました。その後、折り紙で七夕飾りを作ったり願い事を短冊に書いたりして、笹に飾りました。

煌めきラヴリーコンサート~ソプラノ、ピアノ&フルート 愛の調べ~

2022年4月23日(土)、潮芦屋交流センターにて、「煌めきラヴリーコンサート~ソプラノ、ピアノ&フルート 愛の調べ~」を開催しました。出演は、公益財団法人アルカディア音楽芸術財団 ソプラノ 寺本郁子さん、ピアノ 高瀬芙紀子さん、フルート&プロデュース 中村八千代さんの3名。(公財)アルカディア音楽芸術財団は2014年に、ソプラノの寺本さんは2021年にそれぞれ芦屋市民文化賞を受賞されています。
当日は100名近い方の来場があり、クラシック、アニメや童謡、映画音楽など馴染みのある様々な曲を披露していただきました。

 

潮芦屋コンサート 春の訪れによせて~リコーダーと弦楽のしらべ~

コロナ禍のために中止していた潮芦屋コンサートを、2022年3月20日(日)、1年ぶりに開催しました。ダ・カーポの皆さんによるリコーダーと弦楽アンサンブル。「愛の挨拶」、ブラームスの「ハンガリアン舞曲」やクライスラーの「愛の喜び」等、クラシックの名曲をはじめ、ミュージカルやポップス、日本の歌等、バラエティ豊かに演奏して頂きました。

 

作って食べました!イラン編

2021年2月8日(月)、サバ・サリミ氏を講師に「作って食べよう世界の料理 イラン編」を行いました。メニューは、サフランチキン、レンズ豆ご飯、牛乳スープ、デザート(ハルワ)の4品。日本で簡単に手に入るものを材料にし、意外と癖のない味でおいしくいただきました。デザートのハルワの材料に「糠」が含まれているのがおもしろいなと思いました。


作って食べました! お正月編

2020年12月14日(月)、日下部菅子氏を講師に「作って食べよう世界の料理 お正月編」を行いました。メニューは、田作りの南蛮漬け、松かぜ風ミートローフ、中華風筑前煮、人参のカレーきんぴら、白みそ仕立てのはりはり雑煮鍋、初雪の6品。ミートローフは鶏ひき肉と白身魚を使いとても柔らか。しょうゆ、砂糖、酒のほかに、八角やクローブ、シナモンスティックなどを加えた根菜、鶏肉、しいたけ、人参やきぬさやなど中華風筑前煮は、スパイシーで色鮮やか、ボリュームもたっぷりでした。その他のお料理も全ておいしく、一足先にお正月気分を味わうことができました。


作って食べました!フランス編

11月は、濱田孝一氏を講師に9日(月)と20日(金)にフランス料理を作りました。メニューは、さつまいもとズッキーニのラぺ、サーモンのスフレ、リンゴのクレープ ノルマンディ風、リュスティックの4品。とても手が込んだお料理で、調理時間もいつもより1時間以上長くかかりました。メインはサーモンのスフレ。レモンの香りのする濃厚なソースをまとった肉厚のサーモンはとてもおいしそうで、冷えた白ワインによく合いそうな一品でした。フランス料理と言えば上品なイメージがありますが、参加された方達はおなかがいっぱいになったと満足そうでした。


 

作って食べました! タイ編

2020年10月5日(月)、村木タッサニー氏を講師に「作って食べよう世界の料理 タイ編」を行いました。メニューは、パッタイ(タイ風焼きそば)、トム・ヤム・クン(エビのスパイシースープ)、クルゥアイ・ブアッチ(バナナのココナッツミルク煮)の3品。様々なスパイスを使った深みのあるパッタイは絶品。トム・ヤム・クンは辛さがマイルドで食べやすかったです。

潮芦屋コンサート 秋風に想いを乗せて~マリンバとピアノコンサート

2019年月9月21日(土)午後2時より、「~秋風に想いを乗せて~マリンバとピアノコンサート」を潮芦屋交流センターで行いました。マリンバは栂井曜子さん、ピアノは角村久美子さんが演奏。お二人とも神戸女学院大学音楽学部をご卒業後、各が更に日本や海外で研鑽を積まれています。

軽やかにマリンバの鍵盤の上を動く栂井さんのバチさばきは見事なもので、奥行きのある音とともにその動きにも見入ってしまいました。クラシックから映画音楽まで、軽いタッチから重厚な音まで奏でる角村さんのピアノにもうっとりとしました。演奏の合間の映画や楽器のお話などトークも楽しかったです。そしてお二人の息の合ったマリンバとピアノの演奏はほんとうに素晴らしかったです。初秋の午後、心が弾むような楽しいひとときを過ごすことができました。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!エジプト編

2019.9.2

2019年9月2日、「作って食べよう世界の料理エジプト編」を開催しました。
カリール・フセイン氏を講師に、カブサ(炊き込みご飯)、ひよこ豆のフムス、ライスプディングを作りました。
カブサは、トマトソースを作り、鶏肉を焼き、炊きあがったご飯にのせるという手の込んだもの。様々な香辛料と長粒米を使ったご飯は、遠い異国の香りがしました。
ひよこ豆のフムスは、フセインさんが焼いてきてくださったパンにつけていただきました。
異国情緒あふれるエジプト料理を作って食べて、楽しい思い出になりました。

←活動レポートトップに戻る

トワイライトコンサート ハワイアンの夕べ

2019.7.26

今年も夏はハワイアン。2019年7月26日(金)、「ハワイアンの夕べ」を開催しました。出演は、ヒロ・ハワイアンズとKa Pa Hula O Hoalohaの皆さん。毎年楽しみにされている方も多く、110名を超える方たちにハワイアンを楽しんでいただきました。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!スリランカ編

2019.7.8

2019年7月8日、池本ニルミニさんを講師に「147回作って食べよう世界の料理スリランカ編」を開催しました。
メニューは、エビライスヌードル、レンズ豆カレー、パティス、野菜サラダ、デザートのスリランカキリパニ、シナモンティーの6種。様々なスパイスを使い、肉は使わず豆や野菜や海のものなどを材料にしたスリランカ料理。
おいしくて体にもよさそうです。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!ドイツ編

2019.3.11

2019年3月11日(月)、「作って食べよう世界の料理 ドイツ編」を開催しました。

講師はドイツカフェ「みとき屋」オーナーのシャウベッカー・デトレフさんと井尻有香さんご夫妻。メニューは、じゃが芋と野菜のスープ、手作りソーセージ赤キャベツ添え、ローテグリュッツェ(ベリー類のおやつ)。ほかに、講師の方がドイツパンを焼いてきてくださいました。

幾種類ものスパイスを混ぜた手作りソーセージは期待を裏切らない味に仕上がりました。付け合わせの赤キャベツの甘酢煮はお酢のほかにりんごやリンゴジュースを使い、さっぱりとした酸味でソーセージとの相性もばっちり。デザートのローテグリュッシュは赤いおかゆという意味ですが、実際はベリー類を煮込んだソースで、アイスクリームにかけていただきました。手作りのドイツ料理はどれもおいしくて、大満足でした。

←活動レポートトップに戻る

外国人のための防災教室&春の文化祭

2019.2.16

2019年2月16日(土)、「外国人のための防災教室&春の文化祭」を開催しました。

まず午前中に公益財団法人西宮市国際交流協会と共催で「防災教室」を行いました。

Ⅰ部は、地震や津波のDVDの上映。Ⅱ部はIVUSA(国際学生ボランティア協会)の皆さんによる防災寸劇。Ⅲ部は、防災クイズとQ&A。クイズの正解者にはIVUSAの劇の中で紹介された防災グッズがプレゼントされました。参加された方の中には災害、防災に関する意識が高まったという方もいらっしゃるかと思います。
昼食では、巻きずしやポテトサラダ、唐揚げなどと並んで、非常食であるパンの缶詰の試食もありました。
午後は、「春の文化祭」として、日本語スピーチ、歌やダンスをみんなで楽しみました。


IVUSAの皆さんによる防災寸劇


日本語スピーチ

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!スイス編

2018.11.12

2018年11月12日、「第140回作って食べよう世界の料理 スイス編」を開催しました。講師はスイス名誉総領事のディーター・ソンマーハルダー氏。メニューはスライスした子牛肉のチュウリッヒスタイル、Roesti(スイスのジャガイモ料理)、にんじんケーキの3品。
キャロットケーキの上のかわいいにんじんの形のマジパンはスイスからの到来物をご提供いただきました。
ディーターさんは笑顔であちこちのテーブルを回ってアドバイスをしてくださり、なごやかに楽しくお料理を作ることができました。


ディーターさんと妻の鈴永さん。とても仲のいいご夫婦です。
家で焼いたパンを持ってきてくださいました。

←活動レポートトップに戻る

第6回ワールドフェスタを開催しました

2018.10.28

2018年10月28日(日)、第6回となる潮芦屋ワールドフェスタを開催しました。

1階フロアではお茶席、2階会場では、世界の料理とスペシャルステージが行われました。

11時30分販売開始の世界の料理は、アランチーニ(イタリア)、ナシゴレン(インドネシア)、レモンチキン(スペイン)、スキヘーン(タイ)、あんこ春巻き(中国)、パステル(ブラジル)、ガレット(フランス)、ベレンヘナスコンカルネ(メキシコ)の8品。

12時からはスペシャルステージ開始。ハイランドブリーズのコーラス、ロゴス・ダンス・スクールのストリートダンス、JBハワイアン、芦屋ユナイテッドダイヤモンズのチアリーディング、青猫社のギターと歌、ファーストピースのクラシックバレエ&コンテンポラリー。普段の練習の成果を披露していただきました。
また、手作りのカップケーキと飲物の販売のほか、今年はローゲンマイヤーさんのご厚意でパンの販売もありました。

天候にも恵まれ、大勢の人にお越しいただき、大変盛り上がった1日でした。
ご来場いたただいた方々、ステージにご出演いただいた方々、そしてお料理の準備や販売などイベントを支えていただいたボランティアさん。ありがとうございました。





←活動レポートトップに戻る

潮芦屋で防災総合訓練が行われました

2018.11.4

2018年11月4日(日)、潮芦屋で防災総合訓練が行われました。メイン会場では、防災啓発展示や自衛隊・消防・警察等による実働型訓練が行われました。サブ会場の潮芦屋交流センターでは、防災親子イベントや起震車体験が行われました。

←活動レポートトップに戻る

トワイライトコンサート ハワイアンの夕べ

2018.7.28

2018年7月28日(日)、夏恒例の「ハワイアンの夕べ」を開催しました。出演はヒロ・ハワイアンズとKa Pa Hula O Hoalohaの皆さん。

当日は台風が接近し警報が発令されているのにもかかわらず、雨は降らずセンターのテニスコートではテニスをしている人がいるという状況で、コンサートを決行するかどうか判断に迷うところでしたが、時間を短縮して無料で行うことにしました。

最初に芦屋市・モンテベロ市学生親善使節4名からの挨拶があり、コンサートに移りました。フラダンスの皆さんは台風の交通機関への影響もあり、途中で退場されました。バンドの演奏と歌だけとなりましたが、来場された70名の皆さんのほとんどは最後まで聞いて下さいました。

悪天候の中を来場された皆さん、出演者のヒロ・ハワイアンズとKa Pa Hula O Hoalohaの皆さん、ありがとうございました。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!インドネシア編

2018.7.9

第137回作って食べよう世界の料理インドネシア編は、2018年7月9日(月)に開催されました。講師は、ロシ・セティアワティさん。お母さんと息子さんも手伝いに来てくださいました。

メニューは、セムール・アヤム(チキンの煮込み)、ナシゴレン、生野菜のサラダ ハーブピーナッツソース、エス・チャンプル(冷たいフルーツのデザート)の4品。甘い味付けのチキンの煮込みには厚揚げが、生野菜のサラダにはもやしが、冷たいフルーツデザートにはアボカド(!)が入っていました。お店では食べられないインドネシアの家庭料理でした。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!タイ編

2018.6.15

6月15日(金)の「作って食べよう世界の料理 タイ編」はタッサニー村木さんとプラピンシー・タップゲーオさん(タイ総領事専属シェフ)を講師に行いました。当日はムニン・バーニサワット総領事が来られ、またNHKの取材も入り、会場は大変賑やかになりました。メニューは、スキーヘン(タイ風炒めスキヤキ)、クン・オプ・ウンセン(海老と春雨の蒸し物)、ヤム・ウンセン(タイ風春雨サラダ)、タウスアン(黄豆のココナツミルクデザート)の4品。パヌワット領事が作ってこられた肉カレー、シーフードのカレー炒め、豚肉のバジル炒め、焼き鳥の絶品タイ料理もテーブルに並び、おなかいっぱい、大満足の「タイ編」でした。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!インド編

2018.5.10

2018年5月10日(木)、シェザナ・トラバリーさんを講師に、「作って食べよう世界の料理インド編」を開催しました。メニューは、チキンカレー、ポテトサモサ、レモンサラダ、チャイの4種。様々なスパイスを使ったカレーは、香りよく、意外とあっさりしていて食べやすかったです。揚げたてをいただいたポテトサモサにも大満足。チャイにもスパイスが入っていて、普通のミルクティとは一味違うおいしさでした。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!イギリス編

2018.4.16

2018年4月16日(月)、「作って食べよう世界の料理 イギリス編」をクラッパムインの伊藤光守氏を講師に、コテージパイ(⽜ミンチとマッシュポテトのオーブン焼き)、フムス(ひよこ⾖とゴマのディップ) 、スコーン(プレーン、紅茶)の3種を作りました。パイとスコーンでボリュームたっぷり。フムスは中東っぽい味で、きゅうりとセロリのスティックにつけていただきました。

←活動レポートトップに戻る

作って食べました!中国編

2018.3.15

2018年3月15日、舒 敏華(ジョビンカ)氏と史 暁梅(シショウメイ)氏を講師にお迎えし、「作って食べよう世界の料理 中国編」を開催しました。メニューは、豚肉の角煮、簡単ふかひれスープ、ピーマンとじゃがいも炒め、海老のマヨネーズ和え、あずき餡の春巻き揚げの5品。さすがは食の王道、中国料理。どれも大満足のいくおいしさでした。

←活動レポートトップに戻る

「おやこふれあいコンサート」を開催しました

2018.3.3

2018年3月3日(土)、NPO法人こども育ちわたし育ちMadrinaさんと共催で「おやこふれあいコンサート」を開催しました。出演は、ハンドベルの「ベル・グローリー」(頌栄短期大学ハンドベルベルクワイアOGチーム)と、バルーンアート安木 良明 氏 。子ども達にもお馴染みの曲をハンドベルで演奏。 最後にふうせんおじさんに風船をもらって、子ども達は大喜びでした。

←活動レポートトップに戻る

「タイ王国の日」を開催しました

2018.2.3

2018年2月3日(土)、タイ王国大阪総領事館と共催で「タイ王国の日」を開催しました。
เสน่ห์ サネー(魅力)、ความงดงามクワム・ゴッガーム(美しさ)、อร่อย アロイ(美味しさ)をキーワードに、講演会『タイの魅力』(講師:NPO法人日本タイ教育交流協会 理事長 木村滋世氏)、村木タサニー先生と同センターの方々によるタイ民族舞踊、野菜・フルーツカービング デモンストレーション、交流会(タイの軽食)を楽しみました。来場された130名の方に、美しいタイの文化を堪能していただけたと思います。


ムニン・パーニサワット総領事と山中市長を囲んで↑


←活動レポートトップに戻る